お知らせ

スピンドル、じんき 販売をはじめました

  • お知らせ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スピンドルと、「じんき」の販売をはじめました。最近のワークショップで使用したものと同じタイプで、スピンドルは祝膳箸を心棒に用い、特注の円盤にフックをつけただけの簡易版(手作り)です。「じんき」は、木綿庵の畑で栽培した洋綿を用いています。ワークショプにご参加くださいました方からのご要望にお応えして、このたび販売をはじめることにいたしました。 
CIMG3297スピンドル 
 ◇スピンドル 1本     300円(税込) 
 ◇じんき(約2.5g) 1本 200円(税込)

※スピンドル仕様(総重量:約10.3g)
 心棒:アスペン材/220~237㎜ /約2.5g
   円盤:MDF材/直径70㎜/厚さ2.5㎜/約7.4g 
 フック:ステンレス/線径1.3㎜/全長12㎜

 「じんき」は、木綿庵の畑で収穫し、種取りをした繰り綿を、専門業者に依頼して綿打ち(機械打ち)をしてもらい、その打ち綿を糸紡ぎ用に手作業で棒状に巻いたものです。呼び方は地方によってまちまちで、「しの」、「よりこ」とも言います。
 「じんき」の作り方には紡ぎ手の好みがあります。
木綿庵では1本2.5g程度を目安にやや緩めに巻いています。
  CIMG3300じんき
 ご注文はこちらの送信フォームからお願いします

  要領をつかめば、1本の「じんき」で10mメートル以上の糸を紡ぐことができます。

 以下は、練習をはじめて間もない方(じんき3本を用いて練習したあとの4本目)の記録です。
  ※じんき1本 2.6g  
   スピンドルで紡ぐのに要した時間 53分
   紡いだ糸の長さ 約19メートル

 ※糸の紡ぎ方は、下記をご参照ください。

    スピンドルの使い方

 段ボール紙や色紙(シキシ。百円ショップなどでも手に入る)などの厚紙さえあれば、ガムテープと櫛を使って簡単な作品(段ボール織り)を作ることもできます。
  以下の写真は、じんき1本(2.6g)から紡いだ糸で作った一辺7㎝のコースターです。仕上げに草木染めを施しています。

CIMG3923CIMG3928

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3932CIMG3942

このページのトップへ